KIGARUオンラインショップ

Kigaruの6次産業化商品「焦がし醤油のしいたけオイル」

KIGARUはこんな会社が運営しています

「焦がし醤油のしいたけオイル」の生まれた愛知県豊田市。 豊田市は世界的にクルマの町として知られていますが、実は市域の約7割を豊かな森林が占め、愛知県内でも有数の水質の良さを誇る地域でもあります。
オンラインショップを運営している「Globeing合同会社」は、そんな自然豊かな豊田市で生産・加工・販売までを行う6次産業に取り組み、安心・安全な食べ物を皆様に提供したい・味わっていただきたいという想いをもった会社です。

地元豊田市の農家と提携して商品作り

「焦がし醤油のしいたけオイル」は、もともとのきっかけは当社が地元豊田市の企業や農家との食産業の発展を目指していく中で、しいたけ栽培農家と出逢い、6次産業化の取り組みとして「複合乳酸菌で栽培した粉末しいたけ」を開発したところから始まります。
椎茸栽培に複合乳酸菌を使用することで有機酸の吸収が促進された、うまみ成分が豊富な椎茸に成長します。 また従来の方法で栽培された椎茸に比べ、特にビタミンD、ビタミンB6、カルシウムなどの栄養素が増加し、健康や美容にも効果が期待できることもわかりました。
水は豊田市の飲み水としても使える湧水を使用し、菌床は愛知県産にこだわっています。 この椎茸を天日干しの乾燥にこだわり作り上げたのが「複合乳酸菌で栽培した粉末しいたけ」です。
まずはこの「複合乳酸菌で栽培した粉末しいたけ」で、美味しく、安心・安全な商品をお届けしたところ、しいたけが好きな方にはもちろん、普段しいたけをあまり食べない方にも、粉末にしたことによりさまざまな料理に使えることからも大変好評をいただいています。
 

今までになかった初めての調味料

この「複合乳酸菌で栽培した粉末しいたけ」を、より手軽に健康的に皆様に食べていただきたいという想いからこの「焦がし醤油のしいたけオイル」の商品開発に至りました。
商品の開発にあたり、手軽に使えるというポイントにこだわりました。 忙しい朝食の時に簡単に使え、家族のために健康的な調味料をいつも探していました。 例えば、ご飯、納豆、卵かけご飯などにかけるだけで手軽に使え、普段の料理がよりおいしく味付けの幅も広がる、そんな商品を目指しました。 コメ油に粉末しいたけの旨味を最大限に引き出すために、ゆっくり、じっくりと、焦げてしまう一歩手前の極限まで火を入れ、そこに特製醤油を加えさらにコクを引き出し、風味をしっかりと閉じ込めました。
塩分は控えめになっているのでご自宅の調味料と併用してお使いいただけば旨味も増し、味付けも簡単に調整できるので、和・洋・中さまざまな料理に使えます。 「焦がし醤油のしいたけオイル」は、私たちが自信をもって作った、今までなかった初めての調味料です。


商品概要
品名:焦がし醤油のしいたけオイル
内容量:100g
賞味期限:常温未開封で12カ月
JANコード:4580554200034
価格:オープン価格

商品ラインナップ